News

協会からのお知らせ。

記事一覧

募集  出張映画会

世界初の女優監督による映画『民族の祭典』を入場無料で上映しませんか?
『民族の祭典』
1938年 ドイツ 110分  モノクロ 監督・製作・脚本/レニ・リーフェンシュタール
ヴェネチア国際映画祭金獅子賞 キネマ旬報1940年度外国映画ベストテン1位

日本初の女優監督が田中絹代であり、世界初の女性監督がドイツのレニ・リーフェンシュタールです。
生誕100年を迎えた田中絹代の1,000点を越す遺品を中心とした記念館が、今年2月13日にオープンしました。田中絹代は昭和の日本映画を代表する女優であるとともに、6本もの映画を監督したということが世界的に注目されています。
映画解説や資料などを用意いたしますので、女性が作った映画を知っていただくいい機会になります。
そのほかの映画の準備もあります。歴史が生んだ秀作映画を出張上映いたします。
事務局へお問い合わせ下さい。

  • 2010年06月14日(月)16時10分

下関市文化協会創立40周年記念事業に出展【会場内の様子】

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpg

4月17日(土)18日(日)下関市文化協会創立40周年記念事業“きらめく海峡文化の華”の学習室での田中絹代の展示と宙のホールの上映の様子です。

  • 2010年05月17日(月)23時09分

下関市文化協会創立40周年記念事業に出展

アップロードファイル 2-2.jpgアップロードファイル 2-3.jpg

4月17日(土)18日(日)下関市文化協会創立40周年記念事業“きらめく海峡文化の華”に細江町にオープンした生涯学習プラザで開催されました。協会も出展し、内容は学習室で田中絹代の展示と宙のホール(多目的ホール)にて、世界初の女優監督ドイツのレニ・リーフェンシュタールの『民族の祭典』(1938年ドイツ110分)と、協会で作成した『田中絹代メモリアル協会の道のり』を上映しました。

  • 2010年04月18日(日)18時05分

田中絹代賞受賞女優高橋惠子さん来関

アップロードファイル 1-1.jpgアップロードファイル 1-2.jpgアップロードファイル 1-3.jpg

本年2月7日、川崎ミューズで行われた第64回毎日映画コンクールで、25人目の田中絹代賞受賞女優に選ばれた高橋惠子さんが来関されました。3月30日はふく楽舎にて受賞祝賀パーティを開催し、楽しいひと時を過ごしました。
また、翌日には「田中絹代ぶんか館」にも来館され、熱心にご観覧いただきました。その後、シーモールホールにてトークショーを行い、今年度の田中絹代賞受賞の喜びやご家族のことなど楽しいお話を伺うことができました。たくさんのご来場ありがとうございました。

  • 2010年04月01日(木)16時13分
Web Diary